朝日新聞×HTB 北海道150年 あなたと選ぶ重大ニュース

  • イチオシ!動画ポスト
  • エピソードの投稿はこちら

産業経済

中山久蔵、水稲(赤毛米)の栽培に成功 後の北海道米のルーツとなる

1873年 | 産業経済

北海道でコメを作った男

コメの生産量が新潟県に次いで多い北海道。
「ゆめぴりか」や「ななつぼし」など
道産ブランド米はすべて「赤毛種」という
品種のDNAを受け継いでいる。

コメづくりは寒い北海道では不可能とされていたが
明治時代、赤毛種の栽培に成功した男がいた。
中山久蔵、当時42歳。
厄年からの挑戦が、北海道の稲作を変えた!

このニュースを共有する:
LINEで送る

150の重大ニュースカテゴリ

年代別で探す