朝日新聞×HTB 北海道150年 あなたと選ぶ重大ニュース

  • イチオシ!動画ポスト
  • エピソードの投稿はこちら

産業経済

札幌市に地下鉄開業(南北線)、地下街オープン

1971年 | 産業経済

79.jpg
79.jpg

全国4番目の地下鉄。国内初の冬季五輪開幕を翌年2月に控えた時期で北24条と真駒内を結ぶ12.1キロでのスタートだった。世界初の本格的なゴムタイヤによる中央案内軌条方式を採用。その後、東西線、東豊線と拡大した。また、地下街は札幌オリンピック開催が決定して地下鉄の建設工事が進む中、地下鉄の上にポールタウン、大通地下駐車場の上にオーロラタウンを建設する全体構想がまとまり、着工からわずか1年半という早さで1971年に完成した。

朝日新聞紙面より

『この新しい市民の足に北口特有の雪との戦いはもうない』1971年12月15日夕刊は札幌市営地下鉄・南北線の開通式をこう伝えた。『1番列車』には沿線の幼稚園児や小中高校生らおよそ330人が招待され、大通駅で見送る人々に手を振る写真が掲載された。一方、営業運転が始まった翌16日の夕刊は『てんやわんやのスタート』。利用者は午前10時までに6万6500人にのぼり『東京・山も手戦なみのこみ具合は予想以上。停電のおまけまでつき積み残しも出た』とある。

このニュースを共有する:
LINEで送る

150の重大ニュースカテゴリ

年代別で探す